Zaif(ザイフ)の口座開設方法・流れをわかりやすく解説!

Zaif(ザイフ)の口座開設方法

仮想通貨を始めるにあたり必要なのが取引所への口座開設ですが、テックビューロ社運営のZaif(ザイフ)は、ビットコインだけでなく、NEM(ネム)や日本産の暗号通貨モナコインなどほかのアルトコインの種類も豊富な国内の仮想通貨取引所です。

また、毎月ちょっとずつでも積立投資ができるZaif(ザイフ)コイン積立というサービスもあるのも特徴です。

私の場合は、仮想通貨をあれこれ売買するのは大変なので、比較的低リスクでコイン積立ができるというZaif(ザイフ)に惹かれて口座開設しました。

何はともあれ、口座開設しないと何もできませんので、今回は、Zaif(ザイフ)口座開設のやり方をご紹介していきます。

注意!Zaif(ザイフ)の口座開設は遅いです

Zaif(ザイフ)に口座開設をする前に、あらかじめ注意が必要なのが、Zaifの口座開設は実際に取引できるまで日数がかかり遅いということ。

シアン

口座開設して取引開始までに、長くて2週間ほどかかるので注意!

これは、登録から本人確認書類の提出のほか、郵送で本人確認コードのハガキの到着を待たなければいけないからです。特に、ここ最近、仮想通貨への注目度がUPしているので、書類郵送に時間がかかっているみたいです。

ちなみに私も本人確認コードの郵送まで1週間ちょっとかかりました。

「今すぐにとにかく仮想通貨を購入したいんだー!」

という人は、Zaifではなく早く口座開設できるビットフライヤーがおすすめです。

ビットフライヤーの口座開設は早く、最短で当日で取引開始できます。ビットフライヤーへの口座開設方法・日数についての記事がありますので参考にしてください。

ビットフライヤーの口座開設方法
ビットフライヤーの口座開設方法・日数はどれくらい?流れをわかりやすく解説!

Zaif(ザイフ)口座開設の流れ

口座開設の流れとしては以下のようになります。

  1. メールアドレスをZaif(ザイフ)に登録(登録は無料)
  2. 基本情報を入力
  3. 本人確認書類の提出と申請
  4. 本人確認コードのハガキ郵送
  5. 本人確認コードの入力

Zaifの口座開設方法・手順について

Zaif(ザイフ)にメールアドレスを登録

まずはメールアドレスを登録します。

Zaif(ザイフ)のホームページにアクセスし、メールアドレス入力で簡単登録!のフォームに、メールアドレスを入力し、「無料登録へ」というボタンをクリックします。

登録したメールアドレス宛に確認メールを送信したという画面に移りますので、パソコンやスマホなどからメールをチェックします。

Zaif(ザイフ)無料登録

「zaif メールアドレス確認」というメールが届いていて、URLが記載されていますので、そのURLをクリックすることで、登録メールアドレスが本人かどうかの確認と、パスワード設定、基本情報の登録画面に進むことができます。

Zaif(ザイフ)メールアドレス確認

シアン

確認メールのURLの有効期限は、24時間までなので経過すると無効になりますので、注意!

URLが無効となった場合は、再登録が必要になります。

 

次は、ユーザー登録画面です。同意画面とパスワードの設定になります。

 

Zaif(ザイフ)登録同意画面

ユーザー登録画面では、以下の流れになります。

1.利用規約、重要事項説明をそれぞれクリックして開き読んだら、「同意します」にチェックを入れます。

2.メールアドレスに間違いがないか確認

3.パスワードを設定して入力

4.入力が済んだら、「同意して登録」ボタンを押します。

パスワードを入力していくと、パスワードの強度が表示されます。大文字小文字を混在させたり、数字を混ぜると強度が高くなります。ハッキング被害などがありますので、わかりにくいパスワードを設定しましょう。

シアン

この時点で、Zaif(ザイフ)へのユーザー登録できた状態になります。

ただし、このユーザー登録をしただけでは、実際に仮想通貨の取引や入金などができません。

取引を開始するには、基本情報の入力や本人確認などが必要になります。

Zaif(ザイフ)のアカウント画面から次に、「本人確認手続きを開始」で進みます。

Zaif(ザイフ)に基本情報入力・本人確認書類を提出する

基本情報は、入力フォーム通りに、記入していきます。なお、住所は「本人確認書類」で使用する免許証等に記載されているのと同じようにしておいた方が、スムーズかと思います。

シアン

私も、マンション名部屋番号等、免許証に記載どおりの住所にしました。

Zaif(ザイフ)基本情報入力

全て入力したら、次は本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが使えます。

本人確認書類の例として、顔写真入りの公的な身分証明証が必要です。

<以下のいずれかの書類1点>
● 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
● 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
● マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはご利用いただけません)
● 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

または、

<顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下のいずれかの組み合わせで2点>
● 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など) + 公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金の請求書、納税証明書(領収書))
● 官公庁発行の公的証明書を2点
※公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの
※有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

となっています。運転免許証があれば一番簡単ですが、ない場合は、マイナンバーカードを作るか、健康保険証や住民票にプラス、公共料金の明細書などを提出する必要があります。

公共料金が旦那名義だと明細書は使えないね…

初心者ネコ

主婦の方とか、実家住まいの人の場合、公共料金の明細書って夫とか親とか世帯主名義になっている事が大半ですよね。なので、ここは注意ですね。

 

Zaif(ザイフ)の本人確認書類提出

免許証は、表面、裏面それぞれ写真に撮って、アップロードします。

ファイルを選択→ファイルをアップロード

きちんとアップロードできていると、アップロードされたファイルとなっていますので、しっかり確認を。

 

本人確認データのファイルがアップロードされているかしっかり確認できたら、「本人確認の申請をする」を押します。

アップロードされただけでは申請されませんので、必ず押してくださいね~。

シアン

ちなみに私はこれを押し忘れていて2週間放置して、Zaifから来ないな~と思ってました(^_^;)

 

本人確認書類の申請が完了しましたという画面が出たら、OKです。

Zaifの本人確認書類の申請

流れとしては、

  • Zaif側で、アップロードされた本人確認書類データの確認・承認作業
  • 本人確認コード記載のハガキ郵送
  • ハガキが届いたら、Zaifにログインし、「郵送による本人確認」ページにアクセスし、本人確認コードの入力となります。

 

しばし待つと、数日~2週間後くらいまでには、本人確認コードのハガキが簡易書留で届きます。

簡易書留なので、受け取りの時に印鑑(またはサイン)が必要になります。不在の時は不在票が入るので再配達等手続きが必要です。

Zaif(ザイフ)からの本人確認コードのハガキが郵送されてくる

 

右下の本人確認コードの記載の文字を、「郵送確認」のページにいって、入力します。

Zaif(ザイフ)郵送確認

 

ハガキの本人確認コードを入力し、「本人確認コードを送信」

 

お手続きありがとうございました。郵送による本人確認が完了しましたという画面に遷移します。

これで、Zaif(ザイフ)での全ての本人確認手続きが完了となります。やっと、入出金や取引に進めます。長かった・・・(^_^;)

Zaif(ザイフ)の口座開設方法の流れをまとめてみました。

実際に取引開始できるまでには、メールアドレス登録から本人確認書類の申請・完了まで結構、先が長いですが、順番にやっていけば終わりますので参考にしていただければ幸いです^^

シアン

仮想通貨のレートはかなり上下していますので、余剰資金で購入しましょう!