Zaif(ザイフ)の2段階認証の方法 アプリで簡単設定

Zaif(ザイフ)の2段階認証アプリでやるやり方

Zaif(ザイフ)に口座開設して仮想通貨投資を始めるにあたり、やっておきたいのがアカウントの不正アクセス対策のための2段階認証です。

2段階認証ってなんかよくわからない…

ネコ

シアン

面倒な事もありますが、セキュリティを強化しておく事は大事です。

「まぁ、大丈夫でしょう」といって、ハッキングされてせっかく投資したビットコインやアルトコインが盗まれてしまっては大ショックですしね…。

今回は、Zaif(ザイフ)の2段階認証の方法、やり方についてまとめてみました。

まぁ、ぶっちゃけコインチェックのように、大元の取引所のウォレットから盗まれたら元も子もないんですけどね(涙目)

ちなみに私はXEMを保有していたので補償対象になりました^^;

Zaif(ザイフ)の2段階認証はスマホなどでアプリ認証を使うやり方

2段階認証アプリには以下のようなアプリがあります。

  • Google Authenticator
  • IIJ SmartKey
  • Authy

一番有名なのは、Googleの2段階認証アプリになりますので、今回はGoogle Authenticator アプリでの2段階認証設定方法の手順を解説します。

使用機種は、iPhone・iPadや、Androidのタブレットなどでも使えます。

Google Authenticator

Google Authenticator(Google認証システム)
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

アプリをインストールしたら、開きます。

Zaif(ザイフ)にログインして、2段階認証設定に進みます。

QRコードが表示されているので、Google Authenticatorアプリからスキャンします。

スマホ紛失・故障や機種変更のためにQRコードを印刷しておくのがおすすめ

シアン

このQRコードの画面も印刷しておくと、スマホの調子が悪くなった時などに、タブレットに認証アプリを入れて読み込めば、タブレットから2段階認証アプリが利用できますよ。

2段階認証アプリから追加するには、「+」ボタンをタップし、「バーコードをスキャン」を選択します。

Google2段階認証アプリ追加

QRをスキャンするカメラモードになるので、画面上の表示されているQRコードをスマホ画面内に映すことで、一瞬で読み込みます。

zaifのものが追加されると、6桁の数字コードの下に、zaif.jp メールアドレスとなっているのを確認します。

これが、今後、Zaif(ザイフ)で2段階認証をする時のコードになります。

この6桁の認証コードは30秒ごとに生成されます。右端に時計のマークが出ていますが、切り替わるまでの時間になります。

シアン

ログインの時など時間を置いていると、数字が変化するので最新の表示されているコードを入力してください。

 

Zaif(ザイフ)の2段階認証設定画面の一番下に、「2段階認証アプリに表示されたトークンを入力して完了です」とありますので、アプリのコードを入力します。

Zaif(ザイフ)2段階認証のトークン

この数字も時間を置いていると、30秒毎に切り替わります。古いコードを入れたり間違えると、下記のようにエラーメッセージが出ていますので、アプリに表示されている最新のコードを入力してください。

2段階認証のトークン(数字)を入力して確認を押すと、正しかった場合に、

「2段階認証の設定を有効化しました」として画面が遷移します。これで2段階認証の設定は済んでいますので、次からZaif(ザイフ)にログインをするときなどは常に2段階認証コードの入力が必要になります。

初期設定では、2段階認証を使う場面は「全ての動作」にチェックが入っていました。

セキュリティを強化の為なら、初期設定のままで良いかと思います。

2段階認証設定後のZaifにログイン画面

2段階認証の設定をした後は、Zaif(ザイフ)にログインする場合は、メールアドレス、パスワードのほかに2段階認証トークンの入力が必要となります。

スマホ紛失・故障や機種変更のためにQRコードを印刷しておくのがおすすめ

2段階認証アプリを使った2段階認証はセキュリティ上で強化されますが、困るのが、いきなりスマホが故障したり、機種変更するとき。

こういう時の場合に、QRコードをあらかじめ印刷しておくことで、別のスマホやタブレットに認証アプリを入れて、またQRコードをスキャンすれば、別の端末で2段階認証の再設定が可能になります。

シアン

印刷したQRコードの保管にだけ注意してくださいね。

Zaifの2段階認証 バックアップコードの印刷もしておくと更に安心

もしも1台しかスマホがなく認証アプリが使用できなくなった場合に備えて、緊急用としてZaifにはバックアップコードというものが存在します。

2段階認証アプリは、iPhoneなどスマホが壊れた!電源入らない!紛失した!なんて時には当然使えなくなりますので、Zaif(ザイフ)へもログインができなくなります。

そんな時に緊急用に2段階認証の代わりとしてログインできるのがバックアップコードです。

2段階認証設定画面から、「バックアップコードの確認と印刷」を押すと、バックアップコードが10個生成されます。このコードは印刷するなりして保存しておく事をおすすめします。

それぞれ一度しか使えないので、もしも全て使用してしまった場合には新しいバックアップコードの発行が必要となります。

一応、スマホ等が故障したりなくしてしまったり…などの緊急用コードになりますので、多用することはないと思いますが^^;

Zaif(ザイフ)の2段階認証を解除・再設定するには

スマホをなくしたり、2段階認証アプリが使えなくなったりして、一時的に2段階認証の解除をしたい場合は、Zaif(ザイフ)では、設定から2段階認証の停止をする必要があります。

現在利用している2段階認証のキーを破棄することができます。
破棄したキーは2度と復元できませんので、十分注意してください。

とありますが、このキーとは、2段階認証時のQRコードあるいは手動で入力する用のキーコードになります。

キーが破棄されるので、以前に保存しておいたキーは利用不可になりますので、新しいキーと混在しないように注意してください。

まとめ

Zaifでの2段階認証のやり方をご紹介しました。認証アプリはいくつかありますが、今回はGoogle Authenticator アプリでのやり方となります。

iPhone、Androidどちらでも使えます。

Zaifの2段階認証設定のポイント
  • 認証アプリが使えなくなった時に備えて、QRコード、バックアップコードは印刷しておくと安心
  • 2段階認証を解除するには設定から「2段階認証の停止」が必要